イースターの経済効果、市場規模|2017イースター情報.com


 
トップページ > コラム > イースターの経済効果、市場規模

イースターの経済効果、市場規模


イースターの定着

近年、イースターは日本でも定着してきています。ディズニー・イースターはもちろん、日本各地でイベントが開かれています。
イースターは特にお菓子と相性が良く、春先になると店頭でもイースターパッケージのお菓子をよく見かけます。
近年では「イースターは第2のハロウィンである」という息まいた声も聞こえます。近年ますます盛り上がりを見せる日本のハロウィンを見て、「次はイースターだ!」ということなのでしょう。
イベントやお菓子、高級レストランのメニューに至るまで、日本でも少しずつではありますがイースターが定着を見せています。

イースターの経済効果、市場規模ってどのくらい?

イースターの2014年の市場規模は6億円規模と言われています。
クリスマスが900億円、バレンタインが600億円程度と言われている中でまだまだ寂しい規模と言えます。
しかし、その経済効果は十分。今年も様々なイースターパッケージの商品が生れています。
また、市場規模の伸び率は急成長しています。市場推移を見ると、これから急進していくマーケットに違いはありません。今後もイースターの経済効果や市場規模に熱い注目が集まるでしょう。

このコラムを読んだ人は、こんなコラムも読んでいます

 

 


ページのトップへ