そもそもイースターっていつ?|2017イースター情報.com


 
トップページ > コラム > そもそもイースターっていつ?

そもそもイースターっていつ?


イースターっていつ?

実は、イースターは移動する祝日です。2017年のイースターは4月16日ですが、2018年は4月1日です。
イースターは決まって必ず日曜日です。この日曜日の直前の金曜日から、いわゆる「イースター休暇」となり、日本で言う「大型連休」のようにクリスチャンは仕事をお休みします。
イースター休暇中に海外に行ってしまうとお店が閉まっていた!なんてこともあるようですから、注意してくださいね。
それくらいキリスト教にとっては重要な祝日であります。日本ではキリスト教の風習と言えばクリスマスがまず思い浮かびますが、イースターはそれと同格に大事な行事です。

イースターの日付ってどう決まるの?

春分の日が終わった後、最初の満月の次の日曜日がイースターです。
日曜日は固定で、日付が変動するので、移動祝日というわけです。
細かいことを言うと、キリスト教の中でも西方教会と東方教会で日付の算定方法が違うため、人によってもイースターの日付が変わってきますが、概ね西方教会のイースターの日付が使われるようです。
イースターの日程ってちょっと複雑ですね。でも、必ず日曜日になるので、多くの人が楽しめるイベントでもあります。

このコラムを読んだ人は、こんなコラムも読んでいます

 

 


ページのトップへ